やる気がでない、忙しくて時間がない人のためのスタディメソッド。脳にやさしい”高速大量回転法”とは?

    

001457

社会にでて、勉強する機会はなくなりましたか?いえ、まさか。そんなことはないですよね。それが、仕事に結びつくものだったり、自分のやりたいことを叶えるための勉強だったりと目的は様々でしょう。

「やる気がでない…」

「仕事で忙しくて、そんな時間なんてない」

たしかに、そういう意見はあるでしょう。でもちょっと冷静になって考えてみてください。自己実現には、やはり勉強しかないのです。勉強の方法は人によって、様々だと思いますが、何か知識を獲得するには活字を追うことがメインとなってきます。テキストだったり、書籍だったり、なかにはネットの情報で、という人もいるかもしれません。

兎にも角にも、何かを実現しようとするときに勉強は避けては通れない道なのです。…とは言うものの、勉強って面倒です。

スポンサーリンク



あなたの勉強方法は間違っている

一般に勉強というと、まとまった時間を机に向かいテキストを読み込んだりすることだと考えられています。義務教育では決められた時間、教師の講義を聞いてノートをとるということをしてきたので「勉強」とはこういうものだというイメージが付いてしまうのも納得がいきます。実はこういうイメージが勉強するうえでの妨げになっていると知っていましたか?
”やる気”の問題も同様です。
あなたは、やる気がないと勉強できないと思っていませんか?

仕事をしながら何か知識を効率良く得ようとするなら、すぐにでもこの非常識な考えを捨ててしまいましょう。ビジネスパーソンには、現実問題としてあまり時間はないのですから。

私が読んだ「なるほど、合格勉強術」(宇都出雅巳/著、実務教育出版/刊)は「忙しくて時間がない、勉強は必要だけどやる気がでない」あなたへの解決策が提示されています。

本書は本来、試験勉強をするための人の本なのですが、内容は示唆に富んでいて、なるほどそうだったのか、と思わされることが多くあります。そういった意味では一般の試験勉強本とは毛色の違った本と言えるでしょう。

では、本題。

一体どのようにすれば、こうした問題は解決できるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

やる気は降ってこない?

少しずつでも手や目を動かすことが大切です。そして、面白いことに、あれだけ勉強を始めるときに欲しかったやる気は、イヤイヤながらも勉強に取り組んでいるうちに、だんだんと出てくるのです。そしてこれは、脳の仕組みからも正しいと考えられています。

脳には”側坐核”という”やる気”を生み出す場所があるのですが、ここが活動を始めるためには、ある程度の刺激が必要だと言うのです。

つまり、やる気がなくてもやり始めるしかないということ。あなたができる解決策はひとつ。やる気のあるなしにかかわらず、とにかく目の前の本のページをめくること。

がんばらないほうがうまくいく!

「やっぱり精神論か。結局がんばらないとダメなんですよね?」

これに対して著者は大変危険な考えだと指摘しています。

引用します。

~中略~

なぜなら”がんばる”ことは”無理”を伴うからです。あなたが、目指している試験は、一週間程度でなんとかなるものではないでしょう?短くても1ヶ月、長ければ1年以上に及ぶものだと思います。その間、ずっと”がんばる”ことはなかなかできません。

無理にがんばっても、どこかで疲れてしまい、その反動から、何もやらない時期がきてしまいます。

”理解しよう覚えようとがんばる”ことはあまり効率的な勉強にならないようです。がんばるよりもがんばらないほうが、単純に勉強の効率から言えば正しいのだと著者は言います。

高速大量回転法とは

この本のベースにある考え方が高速大量回転法というスタディメソッド(勉強法)です。

テキスト(参考書)等を細かい箇所で止まらないように、ざっと、何十回何百回と繰り返し読む方法なのですが、このメソッドを支えるとてもシンプルな原理が2つあるので紹介しましょう。

  • 早く読むから理解できる。
  • 1回目より2回目のほうが早く読める。

この2つの原理が相乗効果をもたらし、速く大量に繰り返すことができた結果として記憶と理解を効率的に行うことができます。

00435

本書にはこのスタディメソッド(高速大量回転法)のための実践的なアドバイスが、まだまだ書かれています。そこにあるのはやはり”継続して勉強すること”以外に道はないと言う事実です。しかし、脳の働きを知って、正しい勉強法を行うことは、あなたの限られた時間を効率良く使って最大限の成果を出すことに繋がります。

たとえば意志力。これは限られた資源です。使えば使うほど減っていくものです。何かに我慢をしていると、ほかのものに我慢が効かなくなってしまいます。これを”がんばった”ところで効率はあがるはずもありませんね。この問題の解決策として著者は環境を変えることを勧めています。こうした、正しいスタディメソッドを身につけることはあなたの目指す目標までの到達時間を結果的に短くしして人生を効率よく過ごせることに繋がります。



まとめ

私自身、2014年の3月から、このブログを始めました。初心者からの出発でしたが、短期間で独自ドメインを取り、サーバーを借りてWordPressで ブログを更新できるようになっています。
デザインをこうしたい。便利な機能を導入したい。読ませる文章を書くにはどうしたら良いのだろう。ブログに人を呼びこむには?

自分のやりたいことを実現するにはやはり、自分で調べて勉強していくしかありません。”好きこそものの上手なれ”とは言いますが、文章を書くことは好きでもサーバーとかパソコンスキルは想定外でした。

今も手探りでのブログ運営ですが、必要な範囲を”ほどほどの理解”で良しとし、何度も繰り返すという勉強方法が理に適っているというのは強く実感しています。

正しいブログのやり方、ムダのないブログの運営方法を求めることはたしかに大事ですが、残念なことにそういうことに時間を費やしている間は肝心のブログの運営ができていません。

100%確実な方法なんてなくて、とにかくやること、更新すること。必要に応じて必要な範囲を勉強すること。

成果はある日突然でてくるものだし、積み上げた努力がつながるまで根気強く続けることが大事だと思います。


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ