1円で本を買う。大量に読みたいけど、お金も時間もない人のための読書術

    

kakujinの本棚

読書に関してはアナログ派だ。なぜなら電子書籍は所有欲を満たしてくれないから。他にもある。紙のページをめくる質感が好きだし、読もうと思ったとき、読書という行動までの敷居の低さも圧倒的に紙の媒体に分がある。

ぼくの家には背の高い書棚があって、普段の暮らしのなかで自然と本のタイトルが目に入ってくる。そうすると、タイトルに紐付いた記憶が思い返され、興味が再び湧いてくる。そうして手にとってページをめくることで、また知的興奮に出会える。

人間は忘れるいきものだ。だからこそ、過去の体験を思い出せるような工夫が必要なのではないか。それがぼくの場合、モノ所有するということなのだけど、これは断捨離とは程遠い生き方だ。

ぼくは本をたくさん読みたいと思う。そうして本屋へ行くと新刊コーナーが目に入る。”新しいものはいいものだ”の理屈で新刊ばかり買っていると、そのうち家計を圧迫。そんなあなたの悩みは1円本で解決できるかもしれない。

kakujinの本棚はそうした1円本で少なからず成り立っている。

スポンサーリンク



「知の巨人」の猫ビル

知の巨人、立花隆の通称猫ビル、小石川

「知の巨人」立花隆はすごい。立花さんの事務所で通称猫ビルなんて蔵書数万冊もあるという!

そんなの聞くと心躍るじゃないか。”足るを知る”、”生活のデトックス”なんて言うのは、思考がジジイ化している証拠だ。そんなのいつでもできるから、いつかそうせざるを得なくなってからでも遅くない。

上っ面で「捨てるちから」なんて言ってないで「捨てないちから」も大切にしよう。

知の巨人 立花隆 猫ビル

そうは言っても、新刊でだいたい1,500円くらい。安くはないね。猫ビルのように万を超える蔵書を積み上げていこうと思ったら1,500万円も必要な計算だ。

蔵書を保管する場所だってとる。じゃあ、電子書籍にする?

画像は書評ブログ「横浜ほんよみ生活」さんの記事「立花隆のすべて」より引用。書評が面白い。引用させてもらう。

ただ、立花氏が本を買う本当の目的は、「つけ足すこと」ではないようだ。実は、つけ足すことはせず、本音は「ただ、知りたいだけ」らしい。

しかし、つけ足さなければ(そうやって付加価値を生まなければ)、報酬は得られず、したがって、本を買うこともままならなくなる。なので、仕方なく、つけ足している、そういうこと。

一見、ふざけた話に思えるかもしれないが、よく考えてみて欲しい。はじめからつけ足すことを目的に本をあさる人と、知りたいことを知ろうとして本を読んでいる人、どっちの話が聞きたいだろうか。

知ることに目的などない。知ること自体が目的、それほど知ることは面白い。そういうことなのだ。

ここ、気になったからあとでまた読み返してみよう。

電子書籍が突然死した日

先日、ヤマダ電機のeブックストア閉鎖で、購入書籍が閲覧不能になるというニュースが話題になった。

ヤマダ電機の電子書籍サービス「ヤマダイーブック」が7月31日に閉鎖され、購入した書籍が同日以降、閲覧できなくなる。システムを刷新し、新規に電子書籍サイトを立ち上げるためとしているが、過去に購入した電子書籍は新サービスでは閲覧できず、電子書籍閲覧のために購入したポイントの返金も行わないとしており、ユーザーから不満の声が上がっている。

ヤマダ電機の電子書店が閉鎖 購入書籍は閲覧不能に|2014年05月29日 12時34分

これまでのユーザーをこういう形で切り捨てて、次の新サービス立ち上げるから、そっちよろしくね?みたいな企業姿勢はじつに虫がいい。

故事になぞらえると糟糠(そうこう)の妻を堂から下したといったところか(本来は下さず)。Yahoo知恵袋の表現を借りると、無名時代に結婚して妻に支えてもらったにもかかわらず有名になった途端、離婚して、あっさり再婚した有名人のよう。

こんな姿勢の企業の新サービスを誰が利用しようというのだろう。想像力がなさすぎる。こういう突然死のリスクがあるから、電子書籍には手を出しづらい。これを、規約を読まないユーザーの自己責任と片付けるうちは未来は明るくないはずだ。ぼくらが唯一とれる防衛策は、閉鎖の心配がなさそうな電子書籍サービスを選ぶことくらいだろうか。

記事を書いているうちにヤマダ電機が閉鎖対応を一転させたというニュースが流れてきた。

当初は「購入した電子書籍は新サービスに引き継がれず、返金も行わない」と告知していたが、5月29日夕方にこれを一転。ダウンロード(DL)済みコンテンツを新サービス移行後も閲覧できるよう、調整を進めるとしている。

ヤマダ電機、電子書籍ストア閉鎖対応を一転、DL済み作品は閲覧可能に|2014/5/29 18:27

本文の「既存ユーザー様に誤解を生じさせてしまい」とは苦しい言い訳だなぁ。素直に認めないあたりが、やはり想像力がないと感じる。これで失ったものは大きいはずだ。



やっぱり紙がいい

電子書籍にまったく魅力を感じていないわけじゃない。事実、Amazonの専用端末、キンドル・ペーパーホワイトは手にとったときの軽さやページめくりのスムーズさに心動かされた。これが10,000円程度で手に入るのだから、すごい時代。ただ、これは純粋にガジェットに興味があるからというのが大きな理由。

Kindle Paperwhite(ニューモデル)ーAmazonリンク

スマホにはKindleアプリが鎮座しているし、コンテンツもそこそこ購入している。スマホで見るのは疲れるので、そのうちKindle Paperwhiteのような専用端末に手を出そうかと思案中。

ただ電子書籍自体の値段に、そこまでお得感はないんだよねぇ。その場で見たいときにすぐダウンロードして読めるというメリットはあるけど、紙の本だって注文して明日には届くのだ。後者のほうが所有欲も満たせるし突然死することもない。紙媒体に対して圧倒的な価格メリットが提示できないことには、いまのスタイルのままでは普及が進んでいかないと思っている。

いっそ、電子書籍のメリットを最大限生かせばいい。それこそ作者の書きかけの原稿段階からダウンロードできるのだ。そうして日々仕上がっていく楽しみは電子書籍でしか味わえない。佐村河内氏にコンテクスト(文脈、背景)重視の販売戦略を学ぶのもよいだろう。となれば出版社直営の電子書籍サービスは強みが持てる。

書評ブログをやっていると本をどこで買っていますか?と聞かれることが多い。基本的には本屋が好きだ。未知との遭遇を楽しむという意味でも、大型書店がいい。コーナーを俯瞰していると世の中の売れ筋なんてものもわかってくる。一日中いると自分の意外な興味もわかってくるものだ。

本屋をハシゴして、合間にルノアールのアイス珈琲で休憩。ブックカフェというものもあるけど、ぼくはブックとカフェは別々でいいと思っている。

最近はネットのAmazonで新刊をチェックして買うことが多くなった。これは、とにかく便利で中毒性がある。本屋に行くために家から出る必要がないし、頼んだら明日届く、しかも送料無料。重い荷物を持って街中を歩くこともなくなるし、寝る前の2~3分あれば注文できる。売ってない本を探すほうが大変なほどラインナップが充実しているのも魅力。しかも売ってるのは本だけじゃないんだぜ。※2014年5月の記事です。

過去記事で愛用の万年筆を紹介しているんだけど、Amazonなら半額で買えたことに衝撃を覚えたのは記憶に新しい。

ファーストクラスに乗れない人のノートと個人的なアナログ環境を公開します。

紙の本を大量に読みたい?とりあえず1円本で解決だ!

kakujinの本棚、1円本

冒頭の1円本とは中古本のことだ。たとえばぼくは、書籍購入に使える限度額を超えたあたりから1円本を購入するようにしている。その名の通り代金が1円の紙の本だ。

最近買ったのが「得する生活―お金持ちになる人の考え方」(橘玲/著、幻冬舎/刊)で代金1円。帯までついていて、折シワや染みもない美品。

「得する生活-お金持ちになる人の考え方」(橘玲/著、幻冬舎/刊)ーAmazonリンク

もう少し払ってもいいなら選択肢が広がる。

同時に購入した書籍「雨の降る日曜は幸福について考えよう」(橘玲/著、幻冬舎/刊)は代金120円。

「雨の降る日曜は幸福について考えよう」(橘玲/著、幻冬舎/刊)ーAmazonリンク

どうしても無料がいいなら、電子書籍の青空文庫あたりが有名。これは著者の死後50年が経過し、著作権が消滅した文学作品や著作権は消滅していないものの著作権者が公開を許可した文学作品を収集して公開しているサイト。電子図書館のようなものと思ってもらえればいい。

インターネットの電子図書館、青空文庫へようこそ

古典がメインだから好き嫌い分かれると思うけど。

1円本の買い方

Amazonマーケットプレイス

1円本はAmazonのマーケットプレイスで売っている。

探し方にコツがあって、それは検索機能を上手に使うことだ。具体的なやり方はこうだ。本・コミック・雑誌の詳細検索で以下の項目を設定する。

  • 価格:0-1,500円
  • ディスカウント:50%OFF以上
  • 並べ替え:価格の安い順番

Amazonマーケットプレイス:本・コミック・雑誌 詳細検索ーAmazonリンク

あとは著者名やキーワード、書名で検索しよう。あたりまえだけど、新刊は安くない。古い、月日の経過した本を探すのがコツだ。普段からお気に入りの著者をリストアップしておくとよい。

まとめ

BookOffのような古本屋でも安い本はたくさん売っているけど、ここではできるだけ一般化できる本の揃え方を提案した。図書館が近くにある人は利用すればいいし、もちろん自由に使えるお金がたくさんある人は本屋で好きなだけ買うといい。ぼくも余裕があるときはそうしている。新書の手触りとか期待感、ワクワク感は古本では味わえないからですね。名著と呼ばれるものも、絶版本を除き定価で購入するようにしている。

お金があるときでも、ないときでも、工夫次第で本を楽しむことはできる。ぼくは、そういうことを伝えたい。

あとがき

橘玲さんの本が好きで、過去の本も集めだした。120円で購入した本だったが、「雨の降る日曜は幸福について考えよう」は感傷的な気分に浸れるよい本となった。内容はマネーハック本だけど。ははは。

ボーナスなどあるはずもなく、週七日、一日二十時間働いて、私の年収は百二十万円に過ぎなかった。子供が生まれてもベビーベッドを用意することもできず、赤ん坊は風呂なし共同トイレの木造アパートの座布団の上に転がっていた。

そのアパートは五叉路の交差点の角にあり、日当たりは良かったが、夜になると信号機の明かりで窓ガラスが三色に明滅した。

だからといって、身の不遇に打ちひしがれていたわけではない。二十代前半というのは、貧乏を楽しめる特権的な時代なのだろう。あの頃の貧しい生活は、私の人生でも素晴らしい思い出のひとつだ。

「雨の降る日曜は幸福について考えよう」(橘玲/著、幻冬舎/刊)

20代は池袋で過ごした。アパートは池袋五叉路の近くで、同じように木造アパートだった。目の前が山手線で、日当たりはよい。夜になるとこれまた同じように窓ガラスが明滅する。

夏の夜、眠れなくて窓を開けると目の前に焼却場の煙突が見える光景を思い出した。

同じアパートには外国人が多くいて、近くはラブホテル街。環境がいいとは言えなかったけど、いま思えば未来への希望に溢れていて(そう感じていた)幸せだった。

たしかに、貧乏を楽しめる特権的な時代だった。自分が失ってもう二度と手に入れられないものに対する喪失感でいっぱい。

休日前の夜なんだけど、ひどく泣きたいような気持ちになった。


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ