「教員が、教え子より息子の入学式を大切にする」のは当たり前ではなくて、価値観の問題

    

5642

「教員が、教え子より息子の入学式を大切にする」のは当たり前ではなくて、価値観の問題だと思います。

何を言っているのか自分でもよくわからない。まとめてみよう。

ことの発端は埼玉新聞のこの記事。
担任、息子の入学式へ…県立高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意 (埼玉新聞) – Yahoo!ニュース

県西部の県立高校で50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に出席するため、担任を務める1年生の入学式(8日)を欠席していたことが分かった。新入生の保護者らは「今の教員は教え子より息子の入学式が大切なのか」と困惑している。

県教育局によると、県内の県立高校では、ほかに男女3人の担任教諭が子息の入学式出席を理由に休暇届を提出し、勤務先の入学式を欠席した。

関根郁夫県教育長は11日に開いた県立高校の校長会で「担任がいないことに気付いた新入生や保護者から心配、不安の声が上がった」と、この事実を報告した上で「生徒が安心して高校生活をスタートできる体制づくりと心配りに努めてほしい」と異例の“注意”を促した。

関係者によると、入学式の担任紹介の中で校長が女性教諭の欠席理由を説明。女性教諭は「入学式という大切な日に担任として皆さんに会うことができないことをおわびします」という文章を事前に作成し、当日、別の教諭が生徒らに配ったという。

来賓として入学式に出席した江野幸一県議(刷新の会)は「担任の自覚、教師の倫理観が欠如している。欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。校長の管理責任も問われる」と憤慨。

県教育局は「教員としての優先順位を考え行動するよう指導する」としている。

この記事に対してのイケダハヤト氏の記事。
「教員が、教え子より息子の入学式を大切にする」のは当たり前

何を言っているのかよくわかりません。当たり前でしょ、我が子なんだから

「教職員が公務を私事で欠勤するのは倫理観の欠如、自覚が足りない」という外部の圧力に対して「我が子なんだから大事にするのは当たり前なんじゃないの?」というイケダハヤト氏の意見。

双方に言い分はあって、どちらが正解とも言えない複雑な問題ですよね。

スポンサーリンク



他人への同調圧力が不快

どちらも自分が正しいでしょ?って言う他人への強い同調圧力をがとても不快なんだけど、強いて言えばイケダハヤト氏の意見に賛同。

だって、誰のために仕事をしているの?家族のためでしょ?ぼくはそう。

家族のために仕事をしている人ばかりじゃないかもしれないですね。想像できないけど。

家族がいない人だって、突き詰めると自分のために仕事をしているよね。つまり”私事(わたくしごと)”が最優先なのは間違いない。

行き過ぎるとそれは、モンスタークレーマー

結論言ってしまうと、このあたりは価値観の問題だと思うのです。世間一般の想定される群集心理からすると、公務を欠席するのはけしからんということになるし、そうでない価値観だって、あるはずだし、”あって良い”。

お互いが干渉することなく過ごしていけばよいと思う。そもそも根底にある価値観が違うから、議論したところで解決するわけじゃないしね。議論がいらないといっているわけじゃないから勘違いしないで欲しい。ただ、解決しない問題もあるのだということです。

今回のようなことであれば、代わりの教師で十分こと足りるはずですよね。たしかに我が子が大事なのは当たり前。

でも良く考えてみてほしい。こういった理屈を拡大解釈して、ことあるごとに一見正しいことを主張する輩になってしまうとタチが悪くはないですか。権利を過度に主張するような人って組織では浮いた存在ですよね?だって、そういう人とは働きづらいじゃないですか。多様性は受け入れるべきだけど、行き過ぎるとそれは、モンスタークレーマー。暴言吐くとすれば、嫌なら辞めれば良いということにつきるのだけれど、そうもいかないのが多数だから困ったもんだ。

これは良い意見。



まとめ

イケダハヤト氏の論調を見ていると、世間一般との同調が超絶うまくて、今日のPVはいくつかな?とか別のゲスな興味が湧いてきてしまう。話を戻しましょう。こういう人、実際に組織で働く場合には他者との同調が極めて困難な人なのではないかと思いますね。ご本人もそうおっしゃっているようですし。でも、私はそうではないと思います。”これが正しい”という同調圧力を創りだすのが極めて上手な方ですよね。ブロガーだから、曖昧な意見だと読者の興味も惹かないのだろう。

ひとは自分が正しいと思うときこそが、一番攻撃的になるときなのだという。なるほど、だからここまで歯に衣着せぬ物言いができるんだ、と納得。ブログ論であったり文章論とかの本もあるけど、ほんとに大事なのは自分が正しい、間違っているはずがない、そうでしょ?と思い込むことなのだと教えてくれます。ためになりますね。ブロガーの心得みたいな本を出されてはどうか。タイトルは「絶対王者自分」で。

こうしてネット記事になって誰もが大衆の立場で、悪く言えば他人事で考えると、たしかに”公務を欠席けしからん”というのは一方的な悪、となってしまうわけですが、たとえ自己犠牲を強いるのが悪だとしても、世の中の会社ではそうやって多かれ少なかれ誰かの自己犠牲で回っていることも事実ですよ。

青臭いだの、浅いだのとネットのアンチが多いのはそうした発言にあるのだと思うけど、ひとつ評価するとすれば、集団の心理に取り込まれないところはさすがで、こういうある種、警報装置のような存在は貴重なのだと思う。

ただ、これも行き過ぎると群集心理の先導の役目を果たすのだろうね。要は誰もが賢く考えなければならないということです。


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ