30代転職活動で、ある人材派遣会社キャリアコンサルの対応に心折れそうになった話

    

リクナビNEXTという就職支援サービスに登録しているのだけど、大学を中退し、つぶしのきかない業界にいる30代、ぼくのような人間にも思いのほかオファーは届く。それはオープンオファーといって、希望勤務地域や最低限の応募条件が募集企業のニーズに合致する登録者に対して、企業や人材派遣会社が機械的に送ってくる類(たぐい)のものだ。

最初のうちは、”オファーの数=自分の価値”であるように感じていたから、希望しない業種からであってもメールが届くたび、無邪気に喜んでいたのだけど、あるときから、なんのことはない定型文であることに気付き、落胆し、興味を失ってしまった。

スポンサーリンク



先日のことだ。ある人材派遣会社の担当者から、こんなメールが届いた。

拝啓kakujin様。あなた様の経歴はとても素晴らしいもので、その経験を活かして”次のキャリア”を目指すべきではないかと。具体的には、福祉施設の施設長をオファーさせていただきます。もしご興味があれば弊社にご連絡いただければと存じます。

本当はもっと長かったのだけど、記事にする都合で端折(はしょ)っているし、表現も変えている。ぼくの脳内で変換するとこうなった。

いやぁ、kakujinさんの経歴は大変素晴らしいものですよ、自信を持ってください。たくさんの転職者を見てきたプロのわたしが言うのだから間違いはありませんよ。いまの仕事をしているのは本当にもったいないですね~残念です。わたしなら、もっと高待遇のポジションを提案できますよ。うちの会社に相談に来られている企業様は、あなたのような人を探していましてね、具体的には施設長というポジションなんですがね。これはプライベートなオファーであなただけに送っていますからね。興味があれば連絡してね。

福祉施設の施設長というのは子会社の社長のようなもので、たとえ小規模で現場に日常的に入るプレイングマネージャーのような、実態が施設長とは”名ばかり”のポジションだったとしても、福祉の現場で働く人にとって夢の地位なのではないか、と思う。

30代、つぶしがきかない業界からの転職活動。現実というものが見え始めていたぼくには、内容なんてどうでもよかった。つまり、早くこの転職活動という面倒ごとから、逃げ出したかったのだ。給料もいまよりはるかに上がるのだし、名ばかりでも、それは間違いなくキャリアアップにつながる。好きなことは仕事にできなかったけど、いちおうの成果は得られたということで自分への説得にもなるからだ。

書くことが好きで、読むことも好き。そんな”好き”を仕事にしたい。でも、想いだけでは現実は変わっていかない。だから雑誌社やWeb媒体に自分の職務経歴を送ってみる。そうすると、早くて1日でお決まりの返信がくる。

「社内で慎重に審査した結果、貴意に添えない結果となりました」

審査しなくったってすぐにわかる。ぼくが人事担当なら求める人材像があって、ぼくの職歴からはそれがまったく読み取れない。個人でブログをやってます!文章が得意です!というのはあくまで自称で、誰かの評価が明確にあるわけじゃない。

お断りの言葉を目の前に突きつけられるたび、ぼくの”自信”や”プライド”は、いちだんと萎縮していった。(書類選考に)落ちてあたりまえと頭では理解しているつもりでも”抗(あらが)うことのできない病”のごとく、じわじわと心を蝕(むしば)んでいくのだ。

自分の求める”もの書き”の仕事になんて受かりっこない。だれも、ぼくの文章なんて必要としていないんだ。そもそも、いったい誰がぼくの文章なんて読みたいのだろう。そうして、みじめな気持ちになる。

そんな心境のときだったから、余計にうれしかった。

「今夜どっか食べに行こう」「いいですよ」

その日の夕方は嫁と久しぶりに外食をすることにした。外食といっても、ただの100円寿司で、味はまったく覚えていない。その席では、企業からプライベートなオファーがあったこと、自分が重要なポジションで必要とされていること、給料があがるかもしれないこと、とにかくたくさんのことを話した。

「よかったですね」

興奮気味に話すぼくに、嫁はそう言って、にこにこしながら話を聞いてくれた。

それからしばらく日が経った。2通目のメールのタイトルはこうだ。

「○×企業様(施設長候補)応募の件」

いつの間にか”候補”の2文字が付け足されている。あっ、やられた!とういうのが第一印象で、素直に信じていたぶん、ダメージも大きい。

大人って汚いなぁ。

自分も大人なことを忘れて、そんなことを思った。嫁になんて言おう。いや、言えるわけがない。黙っておくか。そんなことを考えた。

次の日に電話で聞いてみた。

「ちょっと確認したいのですが」「なんでしょうか」

「この提示されている固定給の額は、最初からいただける額なんですか?」「いえ、それはいずれ施設長になったときの額ですね」

「期間の目安としては・・・」「それはなんとも言えませんよね。努力次第ということでみなさん納得されてますけどね」

「えっ、みなさん?」「えぇ、みなさんです」

相手は不機嫌そうだ。「ちぇっ、気づいたのか」もしかして、そう思ったのかもしれない。

なんとか望みを繋ぎとめようとした。そんなぼくの話を面倒くさそうに遮(さえぎ)ってその担当者は言った。

「やめますか?やめておきますか?」「えっ?」

「あのね、kakujinさん。やめてもいいんです。今回はご縁がなかったということでね、辞退されますか?」

「あっ、なんというか・・・ちょっと待ってください」「だいじょうぶですよ。やりたいひとはほかにもたくさんいるのでね。どうされるんですか?」

ガチャリ、ツーツー・ツーツー、力なく電話を置いた。不意に襲ってくる脱力感。自分って何なんだろう。おまえの代わりはいくらでもいると言われた気分で、それはアイデンティティクライシスとでもいうべきものだった。

「やっぱりなぁ・・大人って汚いよ」

要は、福祉施設のヒラ職員というものはとにかく不人気業種で人が集まらないのだ。だから施設長ポストというニンジンをぶら下げてぼくのようなころっと信じる”間抜け”を釣ろうとするのだろう。

待遇は、みな同じで、そこに現場経験が10年あるからなんてことは、まったく考慮されない。たしかに努力すればいいだけなのかもしれない。言ってることは嘘ではないけれど、これって誇大広告の類(たぐい)だよなぁ。

仮にその会社に入職したとしたら、周りはいちおうの社長候補でいっぱいなのだ。言ってしまえば誰もが心のなかで「俺が、私が」と選民意識を持って働いている。まさか、そんな自分が取り換えのきく消耗品であることには気づかない。

想像すると滑稽だ。ははは。まったく笑えないけどね。



あとがき

ぼくにとって希望のある日々というのはやりたいことがある日々のことだ。なんとなくでも時間は過ぎていくのだけど、同じ時間を過ごすのなら、やりたいことをやって過ごしていたい。

まだやりたいことができていないのであれば、そのやりたいことにアプローチする時間であってほしい。でも、やりたいことにアプローチする日々っていうのは、先が見えなくて失敗も多い。ともすると、ぼくのように気持ちが萎縮して、小さな人間になっていく。

でもね、逆説的に考えると、先が見えなくて失敗が多い日々っていうのはやりたいことにアプローチしているからこそなのではないかと思うわけ。

なぜかって?うまく、ぼくも説明できなくて申し訳ないのだけど、強いて言うなら、失敗って行動の先に生まれるものだからじゃないかなぁ。

「おとなの進路教室」(山田ズーニー/著、河出文庫/刊)

CANは、ほっておいても太る。
MUSTは、進み続けていれば、人生の岐路で必然的に来る。
WANTは未来。
未来に対する経験もスキルもまだ、ない。
WANTにアプローチしつづける日々とは、失敗の多い日々だと、私は思う。

「おとなの進路教室」(山田ズーニー/著、河出文庫/刊)より

やりたいことにアプローチする日々っていうのは、失敗の多い日々だと、つくづくぼくも思う。

―PR―

介護派遣@ランキング|なぜ介護の求人サイト転職組は失敗するのか?

-関連リンク-

一昨日のことなんだけど、嫁に「いまの会社を辞めて別の仕事で食べていく」と告げました


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ