Fetch as googleで初心者が気をつけるたった1つのこと。

    

サイトを作った。

記事も更新している。

なになに、記事を作ったら新しいサイトの場合はグーグルにいち早くインデックス登録されるためにウェブマスターツールを導入してFetch as googleでURLの登録をリクエストする必要がある。

なるほど。

実行。

スポンサーリンク



4324

そんなある日、ウェブマスターツールのダッシュボードに、以下のメッセージが届いた。

http://www.kakujinblog.com/: 「見つかりませんでした」というエラーが増えています。

へ?

そんな事態に陥った初心者へ送りたいたった1つのアドバイス。

リクエストする時はコピペ注意!

要はこういうこと。

記事URLが”post-526/”だった場合。

リクエスト欄に記事のスラッシュ以下URLを入力するべきところをコピペで全体のURLを入力していた。

わかりやすく言うと”http://www.kakujinblog.com/”のスラッシュ以下”post-526/”という記事URLだけを入力するべきところを、
全て”http://www.kakujinblog.com/post-526/”と入力してしまっていたってことです。

2532

つまりこうなる。

”http://www.kakujinblog.com/post-526/http://www.kakujinblog.com/post-526/”

なにかがおかしい。

正しくはこうだ。

http://www.kakujinblog.com/post-526/

すべて手作業でリクエストし直しました。

とほほ。

初心者のみなさんは注意してくださいね。



ウェブマスターツールについて知りたい人はこちらを見ると良いかもしれません。

Fetch as Googleでインデックス登録させたいURLを送信する方法


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ