あなたは大丈夫?”意識高い(笑)”と小馬鹿にされる人の特徴

    

medium_429123216

意識高い系(笑)という暑苦しいひとたち。

ネットやリアルで出会う彼らに、なぜこんなにも不快感を感じるのか理解できた。そして、たぶんこれを見ることでスッキリ腑に落ちて明日からぐっすり寝られるはず。

photo credit: PhotoGraham via photopin cc

スポンサーリンク



いままで、彼らに不快感を覚えていても、それをどう言葉で表現したら良いのかわからずに”暑苦しい”で済ませていた。だけど、これからはもうだいじょうぶ。”しっくり”くる言葉を教えるから、あなたの周りで同じように悩んでいる人にも教えてほしい。それが、冒頭の”意識高い系”って言葉。

出会ったきっかけが”sudoken”さんのblogの、

ども

意識高い系社畜のsudokenです。

冒頭の書き出しが、こう始まるエントリーだった。

http://sudoken.hatenablog.com/entry/2014/03/16/031432

暑苦しいタイプの意識高い系を思いつくままにあげてみます。

たとえば、ツイッターとかフェイスブックでオウンドメディアとかマネタイズ、スタートアップなんかの横文字を多用。ときには仕事論とか人生論を”したり顔”で(顔はわからないけどね)語っているような人たち。

どう考えても20代そこいらで、仕事とか人生語られてもなぁ。

ピンとこないのよ。その人が経験を積んでる姿をさ。

中には結果を出している人もいて、そういう場合はたしかにぐぅの音もでないし、ある種、羨望の眼差して見ているだろう、というか見る。



あと思いつく限り。

セルフブランディングとかに熱心な「ちなみにネットビジネスやってます」系の胡散臭い人たち。そういう人たちのメルマガの読者で商材買わされる意識高い系のひとたちもそうだよね。

つぎに、リアルにいる意識高い系。

ここにでてくる、会話のできない就活生なんかは”しっくり”くるんじゃない?

就活生の大きな勘違い 面接は「自分を売り込む場」ではない
http://careerconnection.jp/biz/shukatsu/content_1238.html

たぶん彼は努力の方向性を結果、間違えてしまったけれど意識を高く持ってしっかりと事前に予習したに違いない。

tokunoribenさんの言ってることもとっても正しい。

意識高い(笑)と小馬鹿にしてる人に哀れみを感じる。
http://tokunoriben.hatenablog.com/entry/2014/03/14/134843

ここでいう哀れみって、意識が低くて仕事に目的意識を持って取り組めないひとが、そうじゃなくがんばる人たちを小馬鹿にする構図なんですよね。

でも、脱社畜ブログの日野さんが指摘しているけど、いまここで話題にしている”意識高い系(笑)”の話ではない。

ぼくは、”プレモル”は飲んでいないし”社畜乙”とも叩いていない。むしろ、意識高い系に属するほうだ。そんなぼくでも、違和感、不快感を感じるのはつまるところ胡散臭い連中なのだ。

「あ、やりがいとかいらないんで、とりあえず残業代ください」の著者、日野瑛太郎さんの記事が、これまた”しっくり”くる。脱社畜ブログの中のひとといったほうが分り易いだろうか。

http://dennou-kurage.hatenablog.com/entry/2014/03/15/140948

「意識高い系(笑)」と言われてしまう人は、意識だけは高いのに、それに結果がさっぱり伴っていないからバカにされるのだ。

意識が高い人の中には、周囲にも自分と同じような意識の高さを持つことを求める人がいる。意識が高くない人を「そういう人もいるね」と流すのではなく、「かわいそうだ」と思ってしまう。これは一言で言えば、余計なお世話だ。

別の切り口ではこういうの、どうだろうか。たぶんこれが今回ぼくが求める答えにいちばん近い。具体的に言うと、ぼくがいちばん鬱陶しい、暑苦しいと感じるのは”意識高い系(笑)の彼ら”が特定・不特定にかかわらず金儲けの誘いをしてくるときと、無理なリア充感をアピールしてきたときなんです。

たぶん”言葉の意味通りの意識高い系”とさっき話した意識高い系(笑)があって、後者もさらに2つに分かれると思う。そのふたつとは善意の意識高い系(笑)と、悪意のある意識高い系(笑)だ。

善意のある意識高い系(笑)は悪意のある意識高い系(笑)に騙されて搾取されることもある。悪いとか搾取されているとか、当の彼らはわかっていないし、わかろうともしないのだろう。見ていると新しい宗教のようでいて、頭はすでに花が咲いているのだろうか?と疑ってしまうほどポジティブシンキング病にかかってるのが特徴。

ぼくが最大限、小馬鹿にするのは無知を認められない洗脳されるタイプの人たちなのだ。


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ