WordPressのブログにサイトマップを追加しよう。日本語タイトルのまま自動で表示させるにはこれ。

    

457357

自動で生成してくれる便利なものがあるんじゃないかという予想はしていましたが、やっぱりありました。よくブログやホームページをみているとサイトマップというものがありますよね。そう、アレです。

※これは、グーグルとかの検索エンジンのためのサイトマップではないので注意してくださいね。

サイトマップというのはそのサイト地図のようなもの、もしくは案内図だと言えます。そのサイトに訪れたひとが過去の記事を俯瞰できたら、とても便利ですよね?

スポンサーリンク



というわけで、今回導入したのはこれ。

WordPress用のプラグインです。

PS Auto Sitemap
https://wordpress.org/plugins/ps-auto-sitemap/

これが便利なのは記事を更新するたびに自動でサイトマップを更新してくれるところなのです。しかも見易い。

ブログを書くという時間以外の手間を減らしてくれるので、ブログのSEOとかアクセスアップに興味があるけど、時間は取られたくないというブロガーには必須のプラグインです。

34623

WordPressの管理画面からプラグインの新規追加を選びましょう。

検索窓に”ps auto sitemap”と入力してください。

インストールしたあとはプラグインの有効化を忘れずに。

使い方

サイトマップを表示させたい記事を作成します。

今回は固定ページを作成してそこにサイトマップを表示させることにします。

234523

タイトルは”サイトマップ”としましたが、何でも構いません。パーマリンクは管理し易いように”sitemap”に変更しておきます。

作成した記事のcontent部分に、HTMLモードで以下のコードを入力します。

  • <!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

通常はビジュアルモードになっていると思うので、忘れずにテキストモード(HTMLモード)に変更してからコードを入力してくださいね。

3425

記事編集画面で記事ID(アドレスバーの &post=nn )を確認し、『サイトマップを表示する記事』欄に指定します。

4364

固定ページのタイトルにカーソルを合わせるとブラウザ(↓の画像)にURLが表示されます。

4224

“post=○○○”の数字の部分が記事のIDです。設定で必要になるのでメモしておきましょう。

4346

管理画面の設定から”Ps Auto Sitemap”を選択すると設定画面に移れます。
サイトマップを表示する記事の欄にさきほどのIDを入力して”変更を保存”しましょう。

以上で終わり。



スタイルの変更はシンプルがおすすめです。

実際のページを確認してみましょう。

こうなりました。
http://www.kakujinblog.com/sitemap/

※このブログのテンプレートはStinger3を使っています。ENJILOGさんのサイトからダウンロードできます。おすすめ!
http://stinger3.com/

当初、検索エンジン用に記事URLが羅列されたサイトマップを日本語タイトルに変換してページに記載するんじゃないか?という認識だったので、危うくおかしなサイトマップページを公開するところでした。

努力の方向性を間違えると大変ですよ、の見本。

ではまた!


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ