ダウンロードとかインストール一切なし!ウェブページから使うfeedlyは案外便利だった。

    

234523

タブブラウザを使っているんですが、タブを開きすぎてブラウザの操作さえ困難になってきました。

ブックマークなどのお気に入りに登録することってある意味クローズド管理だと思うのです。そういうお気に入りの仕舞い方ってお蔵入りと表現できませんか?引き出しに収納して目に触れないから見ることもなくなる。

タブブラウザでページを開きっぱなしにしておくことはオープン管理。読書で言えば積ん読状態です。目につくから見る機会もある、と自分なりの使い方があったわけなんですが、ブログを書くようになってそうも言っていられなくなりました。とにかく動作が重いのです。

これはまずいぞと、一念発起。RSSリーダーを使ってみることにしました。

というわけで導入記。

所要時間は1分程度。

では、これからfeedlyの使い方を紹介します。

スポンサーリンク



 

20140317150

まずここへ。
http://feedly.com/

feedlyはWebページから使います。通常のサイトを見る感覚で利用できます。

何かをインストールすることもなく様々なブラウザから利用できるっていうのはとても便利ですよね?

20140317151

カーソルを左に持っていくとこうなります。

ログイン認証にはグーグルアカウントを使います。

Android携帯使っている人やGmail使っているひとはグーグルアカウントにログインした状態でfeedly login ボタンを押すだけ。

Googleアカウントの情報に関する承認画面が表示されます。問題がなければ、承認ボタンを押しましょう。

2342

ホーム画面です。

画面左側の灰色の部分がメニューになります。

上から4番目の”Add Content”をクリック。

画面中央の検索窓に文字やURLを入れて検索。グーグル検索と同じ感覚で使えます。



自分のサイト”kakujin”を登録してみることにします。

2523

Feed not found ってなった。認知度低い。

43643

URLを直接入力しても良かったんですけどね、しつこく色々なフレーズで試してみた結果、こうなった。

45574

サイトのタイトル横にある緑のボタン”Subscribe”を押しましょう。

35464

Title:表示される名前

Collection:カテゴリーのようなものです。”create new category”の窓から追加できます。

画面左側に必要な情報を記入して、最後に一番下の”Add”ボタンをクリックで登録完了です。

プロ・ブロガーにチェックを入れておきました(わらい

お疲れさまでした。

234234

画面はサイト運営で悩んだときに参考にさせてもらっている”ENJILOG”というサイト。
http://rentalhomepage.com/

feedlyで皆が購読するようになったら、グーグルアドセンスとかのサイドにある広告はまったくもって無意味になるよな、とかふと思った。

とりあえず今後使ってみて、得られたことや知識はこちらで共有しますね。
http://www.kakujinblog.com/?s=feedly&x=0&y=0


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ