ドグラ・マグラの著者、夢野久作による短篇「瓶詰めの地獄」

「瓶詰めの地獄」(夢野久作/著、角川文庫/刊)はドグラ・マグラの著者、夢野久作による短篇集で「死後の恋」など六編が収録されている。今回はそのなかの表題作「瓶詰めの地獄」について。 「瓶詰めの地獄」は瓶に封入されていた紙片・・・

小物のためのセルフブランディング戦略

とある記事を読みました。 弱小ブロガーにセルフブランディングとか必要ないですよ? 要は、良質な記事を書いていけば、リピーターにつながるということです。”誰が書くか”より、”何を書くか&・・・

30代になったいまでも読み返してしまう金子みすゞの詩。そのなかでも特におすすめする4つを選んでみた。

金子みすゞ(みすず)の詩はせつなくて、どこかもの悲しい。それでいて希望のようなキラキラと光り輝いている何か。 金子みすゞは大正から昭和初期にかけて活躍した詩人。作品を発表していたわずか5年の間で、若き童謡詩人の中の巨星と・・・

なんでパクらないの?効率が悪い人のための「自分メディア」の育て方

自分メディアの育て方を学びましょう。自分メディアが何かというと、細かいこと抜きにすれば個人のブログということになるでしょうか。建前としては自分のブログに何を書くのも自由ですから、誰にも干渉されないパーソナルな表現の場とい・・・

Googleアドセンス広告が停止されないようにカスタマイズで振り分けするのって面倒。そこで「Geniee SSP」ですよ。

Googleのアドセンス広告はプログラムポリシーにそぐわない不適切なコンテンツに貼るとアウトなのですが、その”不適切”っていう包括的な言葉が、なんとも曖昧で困ります。それは、たとえばポルノのような・・・

なぜだか年末は感動小説を読みたくなる。梨木香歩の「西の魔女が死んだ」

どういうわけだか年末は感動小説を読みたくなる。それもベタなやつ。暗い話題が多いからだろうね。おそらくぼくだけじゃない。世の中疲れているんだよ、誰もが。 感動小説は読むと癒される。だから疲れたあなたは、読んで癒やされるとい・・・

ほんとはスゴい「起承転結」

文章なんて、自己満足の世界。書きたいことを書きたいまま書けばいい。文章の上手い下手では語れないし、語ってほしくない。たしかにそうなのだけど、どうせ書くなら読まれる文章を書けるほうがいいに決まってるし、読み手の心を引きつけ・・・

いかに知らないか、を知る。「世界を変えた100日」は思考のための一冊

いかに知らないか、を知る。よく思い返してみるとわかるのだけど、人はいきなり考え始めることなんてないんだよね。知らないということに驚き、もっと知りたいと思う。そういう驚きの過程があって、人はようやく考えるようになるんだ。 ・・・

このページの先頭へ