伸びないブログのアクセス数、下がっていくテンション。そんなときに読みたい本

    

9806404492120326297

ブログを更新するモチベーションが下がっている人。

はい。わたしです。

好きなコトを発信して反応が返ってくるのは楽しいし、アクセスがモチベーションの維持にもつながりますよね。

でも、始めたばかりのブログではそれがない。

そんな迷い悩んでいる時に、OZPA(おつぱ)さんの本がとっても心に響いたので同じような境遇に陥っているひとに読んでほしい。

えっ?SEO?ビッグキーワード?読者にとっての価値?

そういう小難しい系のコンサル的な指南書が好きな人には向いていない。

たしかに、どれも大事なんだけど、そこから入るとどうしても何を書いて良いのか、いまのスタイルのままで行って成果がでるのかどうか、難しく考えすぎてしまいますよね。

スポンサーリンク



ここは書評サイトとしてやっているつもりなんだけど同じようなサイトはそれこそいくらでもあるし、文章がうまい人だってうえを見たらキリがありません。

本が大好きでたくさん本を読み、周りに勧めてみたら思いのほか重宝された。

じゃあ世の中もっと必要としてくれるひとがいるかもしれない。

書くことは好きだし、それで新しい可能性が広がるかも。そう思って始めたブログだったんだけどね。

003

結局何を書こう、更新しよう?これって誰でも書ける内容じゃない?あぁ~わからなくなってきた。

下書きを削除して、現実逃避。

その繰り返し。

このネタはあのサイトで記事になっているから私が書かなくても良いかな。しかしそうであっても切り口がまったく同じということはありえません。自分なりの意見があるのであれば(たとえそのソースのブログと似たような意見であったとしても)しっかりと自分の言葉で記事にしてしまいましょう。

例えば、記事にしようと思ったネタやニュースが、他のブログですでに取り上げられているのを発見したとき。「二番煎じになってしまうじゃないか」と書くのを躊躇してしまう気持ちはわかります。しかし、例え同じネタやニュースを扱ったとしても切り取り方は人それぞれです。先に取り上げている人の記事を丸写しするのは言語道断ですが、しっかりと自分の文章で考えを述べることができるなら、誰も「二番煎じ」とは思いません。

でもこの本は、そうじゃないって背中を押してくれます。

おいおぃ、このブログ初めてまだそんなに経っていないじゃないか?

えぇ、その通りなんですけどね。

ブログを書くのも、読んでいるのも人で、読者さんはブログではなく「あなた」を見ている。

セルフブランディングって言うんですよね?

でも、OZPAさんの説明のほうがスーッと腑に落ちます。

良いブログを構築するために必要なのは、「一に継続、二に継続」とあたりまえのことをあたりまえのように地道に取り組むことの大切さ。

世の中には良い文章を書く能力をもった人がいます。また、素晴らしいネタを拾ってくる嗅覚をもった人もいます。
でもブログを更新しなければ、毎日コツコツと情報をまとめ、整理し、提示している人には到底かなわないのです。

「継続」こそが新たなブログ記事を生み、度重なる更新こそが書くことへの慣れを与えてくれます。それはさらに質の向上をもたらし、ひいてはブログの「厚み」となって現れます。

つまり、大事なことは続けることなんですよね。

そしてブログを書く人の人間的な魅力だったり個性だったりが読者を惹きつける。

読み終えてすっきり。

少し初心に返れたような。

技術も大事なんだけど、それよりもまず大事なことってあるんだから見栄はらずに自然体で更新していけば良いんじゃない?って思えました。



-関連リンク-

OZPA(オツパ)
Twitter:@OZPA(ハセガワ オツパ)
https://twitter.com/OZPA

東京在住のグラフィックデザイナー、ブロガー。
「OZPAの表4」主宰
http://ozpa-h4.com/


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ