ビジネスでも使えるノマドバックを買いました。PCが難なく収納できて止水ジッパーのある「ARC’TERYX(アークテリクス)Arro 22」が最強。

    

26日に「ARC’TERYX(アークテリクス)Arro 22」をAmazonで頼んで次の日に届いた。便利な時代になったね。家のなかのアークテリクス製品がだんだんと増えてきましたよ。このモデルを買った表向きの理由というのが、月末に行く富士登山のためで、どうせなら好きなブランドでモチベーションを高めていきたいから。手持ちのザックの中で選んだらトレラン用の「karrimor AR25」が断然軽いし、汚れても気にならないんだけど、そろそろ他のモデルが欲しくなったんですよね。

実はもう一つの理由がメインで、街でも使えてノートパソコンが入る登山っぽくないデザインのザックが欲しいから。つまりノマドワークみたいなことをしてみようと思ったわけです。想定する持ち物は12インチのノートパソコン、コンデジ、多少の本(Kindleタブレットにするかもしれない)とスマホ、モバイルルーター、モバイルバッテリーに電子機器用のACアダプター、コード類。あとはB5のノートに文房具、小腹が空いた時のためにSOYJOYみたいな行動食と500mlのペットボトルだ。これだと、容量もそんなにいらない。だから、ゴツくないほうがいい。パソコンを入れるのでザックのなかにクッションはあったほうがいいかな。

なにより、ザックの中にPCを入れても安定感のある固い生地で、形が崩れないようなものがいい。背負ったときに、荷物の角が背中に当たるのがわかるような柔らかいザックは背負っていて不快だからだ。そして、多少の雨は防いでほしいから止水ジッパーのモデルがいい。

まとめるとこうなる。

・ビジネスやタウンユースで大人でも背負える都会的なデザインがいい。
・ノマドワークするときの、最低限の電子機器(ノートパソコン、スマホ、コンデジ等)と、ちょっとした荷物を運べる容量(20リットル以上)があればいい。
・ノートパソコンなどの荷物を入れたときに崩れない程度の剛性がほしい。
・長い時間背負うから、重くないほうがいい。
・止水ジッパー付きのモデル

スポンサーリンク



これらを満たしてくれるのが「ARC’TERYX(アークテリクス)Arro 22」だった。中身は意外と入らないって感想が多いけど、必要十分だと思うよ。あれもこれもと考えたらキリがないから、持っていかないという選択肢を考えたほうがいい。ここは日本だから、大抵のものはなくても困らない。

届いたザックを撮ってみたので、もしこれから買おうか迷っている人がいたら参考にしてほしい。

「ARC’TERYX(アークテリクス)Arro 22」

ARC'TERYX(アークテリクス)Arro 22

荷物が届いた!ワクワクするなぁ。

ARC'TERYX(アークテリクス)Arro 22

中身はこんな感じ。

ARC'TERYX(アークテリクス)Arro 22ARC'TERYX(アークテリクス)Arro 22

生地の厚みが心地いい。触るとわかるけど、かなり高級感がある。画像上のザック左下にあるリブ付きメッシュポケットは水筒を入れておける。右側のメッシュポケットは左側と違ってぴったり本体に張り付いている感じ。口はマジックテープで止められていて、三角のタブを引っ張って開閉するようになっている。500mlのペットボトルを1本だけ持ち歩くことが多いぼくは左側だけペットボトルをいれておくことになると思う。左右両側に2本分のサブポケットが大袈裟だと感じている人には嬉しいデザインじゃないかな。

中央の止水ジッパーはカンガルーポケットのためにある。本体スペースにはパソコンを入れて、カンガルーポケットはよく使うものを入れておくという使い方ができる。容量思ったよりあるからなんでも放り込める。

ARC'TERYX(アークテリクス)Arro 22ARC'TERYX(アークテリクス)Arro 22

背面パッドは、柔らか過ぎず適度な厚みで背負うと背中にフィットする。自然と重心が上にくるデザインだから長時間でも楽そうだ。重心が低いと腰が痛くなるんですよね。ショルダーベルトがオーバースペック気味なのは嬉しい誤算。この容量のザックでここまで、しっかりしたショルダーベルトってそうそうないと思うのだ。

ARC'TERYX(アークテリクス)Arro 22

容量はそれほどないけど、街で日帰りのノマドワークするにはこの容量で十分だ。荷物を大量に持ち歩きたい人は別のザックを持ったほうがいい。

ARC'TERYX(アークテリクス)Arro 22

中央メッシュのポケットはハイドレーションポケットといって、チューブ付き飲料水のバックを入れておくことで、登山やハイキングなどの行動中にいつでも水が飲めるようになる。そういう用途でも使えるってことで。

まとめ

ショルダーバックは疲れる。ビジネスバックはちょっとした普段着での外出には大袈裟だ。大人が背負えるタウンユースのザックで、少しアウトドア要素があったほうが気分だというぼくのような人は「ARC’TERYX(アークテリクス)Arro 22」がおすすめだ。買って損はない。

ARC’TERYX(アークテリクス)は防水性能が高い。ザックの中の完全防水コーティングと止水ジッパーがあるから、ちょっとした雨ならまったく問題ないのだ。ぼくは大型ザックとウエストバックを持っていて、どちらも雨の日に使ったことがあるけど、中身が濡れることなんてなかった。この気楽さは病みつきになるのではないかな。こういうちょっとしたことが、電子機器の持ち運びのストレスから解放してくれるのだ。

cafe
photo credit: sungsooleephoto via photopin

さて、これにノートパソコン入れてどこに出かけようか。そういうことを考えているとき、心は少し自由になっているはずで、こういうちょっとした自由は、人生を楽しく過ごすためにとても大事なことだと思う。ノマドワークはそうしたいと思った誰にでもできるものだから、そういう自由な気持ちを、あなたにもぜひ味わってほしいと思う。



-関連記事-

旅×ノマド起業家の旅の持ち物リスト(必ず持っていくもの)が合理的すぎてワクワクする。

旅×ノマド起業家の仕事の道具が興味深い。日本のスタバでノマドワークするあなたも参考にしよう。

自由にカッコよく生きるためのライフスタイル!独学で極めるノマドワーカー


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ