蕎麦ありますでしょ?どうやって食べますか?関東のうどんはなぜマズい?あなたの疑問に「男の作法」で答えます。

    

そば屋

蕎麦ありますでしょ。どうやって、食べますか?

えぇ、そうなんです。なぜか唐突に蕎麦なんですが、ちょっと想像してみてください。こう、箸の先でつまんで、先を”つゆ”にちょんとひたしてかきこむんですよね。一般的な正しいとされる食べ方です。

スポンサーリンク



話は変わって、うどんは上方(かみがた)が旨い。関西圏の人間はそう、信じています。関東のうどんは黒くて濃くておいしくない、と。

ぼくは東京に住んでいるのですが、本音のところ、やっぱりうどんは関西の繊細な出汁がうまいと思うんです。あなたが東京に来て、初めてこちらのうどんを目にすると、ギョッとするかもしれませんね。ちょっと心配です。醤油ベースで、とにかく真っ黒ですから。

誤解を恐れずに正直に申し上げますと、東京(関東)のうどんはあまりうまくはない。あなたもそう、思うでしょう?食べ物の感想は正直でいいんです。でも、東京の”濃いつゆ”にもちゃんと理由があるってことだけは伝えたいと思います。

冒頭の蕎麦の食べ方に戻りましょうか。実はね、どっぷり漬けて、かきこむ蕎麦ってのも、アリなんですよ。一概には言えないですけどね。

なぜだか気になりますか?なぜなんでしょうね。ぼくだって気になります。いま、ぼくの手元に池波正太郎さんの「男の作法」(池波正太郎/著、新潮社/刊)って本があります。

これ、ぼくの長年の疑問を解決してくれた本。

最初に申し上げた、蕎麦のこと思い出してみてください。ちょんと先だけつけて食べるのはおつゆが濃いからなんですね。どっぷりつけると辛くて食べられない。だから、あの食べ方は理に適っているんです。

ところ変わって、田舎のそばっておつゆが薄いでしょう。あれは、どっぷりつけていい。そういえば、東京の蕎麦ってわざと辛くしてある。だから、先だけちょんとつけてすする。口のなかで混ざり合って、いい具合においしいんですね。なるほどと思います。

田舎そばでこれ(ちょんとひたして、食べる)をやるのは、江戸っ子の半可通(はんかつう)と言われます。好きなように食べるのが正解なんだけども、結局うまく食べるためにそういうふうになっているということなのかなぁ、と思う次第。

なんで、東京って(関東って)味が濃いのか、新たな疑問がでてきます。これは、風土の違いでしょう?っていうのは答えになっていない。この疑問は人間の生理的な欲求から説明したらスッと腑に落ちると思います。

たとえば徹夜で仕事した、一日忙しく汗をかいて働いた。あぁ、疲れたなぁと思います。そんなときは濃い味が無性に恋しい。これ、人間の持つ生理的欲求なんです。

ぼくは、風邪をひいて寝込んでいるときって、塩辛いものがおいしく感じます。あなたも、そうでしょう?タレントの所ジョージさんがCMで宣伝している「OS-1(オーエスワン)」っていう経口補水液がありますね。飲んだことありますか?あれ、体調良いときに飲んでも、塩っ辛くておいしくないんですよね。でも、風邪を引いているときって、あの加減がちょうどいい。そういうことなんです。

休日、日がな読書で時間が経つ。日が落ち、読書をやめて戸外にでる。ベンチに腰掛けて、物思いに耽(ふけ)る。そんな日の食卓は、お出汁の利いた料理がしみじみとありがたい。

ごぞんじかもしれませんが、東京は江戸の時代から忙しい都会なんですって。わたくしごとで、先日、京都へ行くことがあったのだけど、「そうか、たしかに」と思わされます。時間の流れ方がちょっと違うような印象を受けるのです。なんというか、みな、ゆったりとしている。夕方までご一緒させていただいた知人で、京都の帯問屋、若社長の雰囲気がそうだったのも影響しているのかもしれません。

普段過ごしている東京と違って人が緩やかな印象なんですね。行ったことがある人はわかると思います。話し方もそうでしょう。「のんどり*」という言葉がしっくりくる。

そういうことに目を向けると、関西の薄味、関東の濃い味それぞれの良さに気付けるわけです。どちらがいいとかではなくて、お出汁の利いたつゆは、それはそれで味わい深いし、忙しく働いあとで、東京の真っ黒なうどんも”案外うまいもの”だと思える。そんな懐の深さは大事なんだなぁ。

さて、うどんとそばにまつわるたったこれだけのことでも、知ると人生が楽しくなります。あなたも人生をちょっとだけ、豊かにしましょう。

「男の作法」(池波正太郎/著、新潮社/刊)は文庫本で、通勤電車の空き時間を使って読むのがおすすめです。もちろん、電子書籍でも。

*のんどり:のどかなさま。のんびりとしたさま。



あとがき

先日の京都でのこと。

次の日は仕事で、東京へとんぼ返りの予定。楽しい会食は終わり、ほろ酔い気分のまま用意されていたタクシーに乗り込んだ。そして、東京行き”のぞみ”最終を目指して走りだす。ずいぶんと急ぐ運転だなぁ。そんなことを思っていると、ふいに話しかけられた。

「お客さん東京でしょ?『乗り遅れた』ってことだけは避けないとね。だから急ぎますよ」

京都の町並みが車窓を流れてゆく。それを、ぼんやりと眺めていた。

「着きましたよ、えっとお釣り・・・」

タクシー代は事前に払っていただいていたから、ぼくが残りを受け取る道理もない。お釣りを受け取っておいて、後日お返しすることもできるけど、そんなの野暮だよなぁ。

「どうもありがとうございます。お釣りは結構です。」

「どうも、じゃいただいておきます。お気をつけて」

そう言って、あっさりとタクシーは走り去っていった。あれれ。結構な金額だったんだけどな。ははは。

ここで言いたいのは、そんな些細な出来事の報告ではなくて、気持ちの表現についてである。まず、これって、チップを払ったのと同じことになるのだと思う。そして、通常はサービス料というものがあらかじめ料金に含まれているからチップを払う機会はないし、払う義務もないわけだ。でもこれってただの理屈ですよね。

「ありがとう」だけならいくらでも言える。ときには”かたち”で出さなきゃいけないときだってあるはずだ。作家の池波正太郎さんは「男の作法」という著書で(本文でとりあげた書)、「”かたち”に出さなきゃわからないんだよ、気持ちというのは。」と語っている。

ともすれば、”みかじめ料”のようなニュアンスで、大変に誤解されやすい表現だけれども、身銭を切った表現って言えば、うまく伝わるだろうか。このことばが、こころに残っていた。要は根本が何かというと、「多勢の人間で世の中成り立っていて、自分もその恩恵を享(う)けているのだから、自分も世の中に出来る限りは、むくいなくてはならない・・・」ということなんだよね。

嫌いな相手には、身銭を切るなんてことはしたくないし、余裕もない。社会的立場やマナー、例をあげると、喫茶店のお会計をどちらが払うかなんてこと考えるまえに、「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えるには、時に身銭を切る表現ってのも案外悪くないものなんだ。

ぼくがいただいた心遣いをリレーする、世の中に循環させるってことをしてみたわけだけど、あのタクシー運転手さんに伝わっているといいなぁ、と思う。

というわけで、長くなりました。最後まで読んでいただいてありがとうございます。記事でおすすめした「男の作法」は、人によってばかばかしく思えるかもしれないし、時代錯誤な内容ととる読者もいるのかもしれませんね。でも、そこに意味を見出してみるとおもしろくないこともない、と思うのです。

おわり

「男の作法」(池波正太郎/著、新潮文庫/刊)

-関連リンク-

雨の降る日曜は人生について考えよう

30代転職活動で、ある人材派遣会社キャリアコンサルの対応に心折れそうになった話

かつての「男の常識」は、いまではすっかり忘れ去られていることばかり。こんなこと、知らなくても世の中は生きていけます。でも、知っているとちょっと人生が豊かで楽しい。そんな気付きのきっかけになる一冊。


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ