「コラム」の記事一覧(2 / 4ページ)

文章を上達させたいなら、言葉を知り、表現すること。続けること。

人は環境に規定されるいきものだ。あなたはあなたの環境から予想されるパラメーターの集合でしかない。文章のうまい下手も同じで自分を取り巻いてきた環境、つまりこれまでのインプットの質×量で決まる。 書けば書くほど上達する? た・・・

30代転職活動で、ある人材派遣会社キャリアコンサルの対応に心折れそうになった話

リクナビNEXTという就職支援サービスに登録しているのだけど、大学を中退し、つぶしのきかない業界にいる30代、ぼくのような人間にも思いのほかオファーは届く。それはオープンオファーといって、希望勤務地域や最低限の応募条件が・・・

天空の世界を目指して世界遺産の富士山に登る。「自分で歩いたものにだけ見ることができる景色がある」というのは本当だった!!

初めての富士登山。片道10時間も掛かってしまったけれど、樹林帯を抜けたあたりから夜空の流れ星を幾度と無く目にし、辿り着いた先の山頂では息を呑むような大雲海が待っていてくれた。どこか雑誌のカラーページで見たことがあるはずの・・・

新しい本屋のカタチがいっぱい。今月号のBRUTUS(ブルータス)特別編と「ケトル Vol.18」は本屋特集!!

古いのに新しい体験。「ケトル Vol.18」4月号と「BRUTUS特別編集、本屋好き。」には新しい本屋のカタチがあった。 それは、本好きの誰もが心に持っている本屋の原風景。行ったことはないけれど、見るとなぜかホッとする。・・・

「安倍構想」とか「集団的自衛権」について、よくわからない?教えてやるからちょっとこっち来い。

先日、Google+というSNSで+takahara kouさんが新聞の”集団的自衛権”の記事について話題にあげていた。 投稿にはコメントがかなり寄せられて、議論が予想以上に白熱していたことに驚くとともに興味深く読ませて・・・

グローバル社会の到来は、”バカな日本の若者”にとってのジェノサイドという未来

「若者を殺すのは誰か?」(城繁幸/著、扶桑社新書/刊)

バカな日本の若者の代名詞と言えば”ゆとり世代”で間違いがないだろう。悪名高い”ゆとり世代”の社員に悩む組織は多いと思う。教育でなんとかしようと思うものの、そんなこちらの淡い幻想を打ち砕いてくるような、どうにも使えない”ゆ・・・

腐ったみかんは隔離すべき!?橋下徹大阪市長が教育現場に与えようとしている暴力装置が話題

大阪市"問題児隔離"指導案まとまる 橋下市長提案(14/06/10)

大阪市”問題児隔離”指導案まとまる 橋下市長提案(14/06/10)大阪市教育委員会は来年度を目安に個別指導教室を作って、問題のある生徒を実質”隔離”し、指導していくという案をだした。これを大阪市・・・

続・ぼくがITフリーランスを目指さない理由

「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」(橘玲/著、幻冬舎/刊)

先日の、「ぼくがITフリーランスを目指さない理由」という記事のなかで、あるSE(システムエンジニア)とウェブサービスについて触れたのだけど、思いのほか読まれていたし反響があった。 「ぼくがITフリーランスを目指さない理由・・・

このページの先頭へ