「サブカルとか趣味の個人的に興味がある本」の記事一覧

女性をモチーフにした隠れた名画

バルテュス

ぼくは読書についてはあまのじゃくなので、どちらかというと遠い本(知名度の低い作品)を好む。人にあまり知られていない、希少本や絶版のものを探しだして私的コレクションに加えるのが密かな楽しみだったりする。 絵画もいわゆる名画・・・

30代になったいまでも読み返してしまう金子みすゞの詩。そのなかでも特におすすめする4つを選んでみた。

金子みすゞ AC公共広告CM

金子みすゞ(みすず)の詩はせつなくて、どこかもの悲しい。それでいて希望のようなキラキラと光り輝いている何か。 金子みすゞは大正から昭和初期にかけて活躍した詩人。作品を発表していたわずか5年の間で、若き童謡詩人の中の巨星と・・・

いかに知らないか、を知る。「世界を変えた100日」は思考のための一冊

Η σφαγή του Μονάχου - 1972

いかに知らないか、を知る。よく思い返してみるとわかるのだけど、人はいきなり考え始めることなんてないんだよね。知らないということに驚き、もっと知りたいと思う。そういう驚きの過程があって、人はようやく考えるようになるんだ。 ・・・

読み捨てる漫画、そうでない漫画

「赤色エレジー」(林静一/著、青林堂/刊)

漫画は読み捨てるもの。そう書くと批判がきそうだけど、現にそうなのだ。別に悪い意味ではなくて、一度読むとこの先どうなるのかというワクワクや目新しさはなくなってしまうのだからしょうがない。 では、すべての漫画がそうかと言われ・・・

知ってる人だけが使っている、文章やプレゼンを変貌させる中毒コンテンツの作り方

21111401

あなたの表現の目的は何だろう。ぼくの場合は、文章で何かを伝え、そして他者を説得し、動かしたい。しかも、すぐさま。 毎月おすすめの本やモノを紹介し、共感して買ってもらうことで収入が発生し、また大好きな本が買える。だから真剣・・・

セルフブランディングという名のイケてる人生オブセッション

「ネットのバカ」(中川淳一郎/著、新潮社/刊)

ブログ初めの頃は、来るもの拒まずの姿勢で四六時中ネットに貼り付いていたのだけれど、最近そういうことに疲れてきて、ご存知のようにツイートは少なめ。自分の意志のないツイートってフォロワーからするとスパムでしかないのだと言うけ・・・

ワインに含まれる「亜硫酸塩」は健康に影響するか?

ワインの製造工場

お酒を飲まない人にはわからないだろうけど、セレブはワインと決まっている。だれが決めたかというとぼくである。 セレブでもなんでもないぼくでも、ワインと決まっている日があって、そんな日の夕方は、そこそこの値段のワインをスーパ・・・

知らない人は損しているwww人間関係に疲れるまえに知っておきたい社交辞令のコツ

2710147

人は他者との関係性のなかで生きている。 裏を返せば、人は他者との関わりなしに生きていくことはできないということでもある。 他者との関係は上手くいく時もあれば、上手くいかない時もある。わかりあえない相手と、わかりあえないま・・・

このページの先頭へ