「小説、ノンフィクションのスゴい本」の記事一覧

絶対に読んではいけない、トラウマ確実なノンフィクション「殺戮者は二度笑う」

殺戮者は二度笑う 「新潮45」編集部編

「殺戮者は二度わらう 放たれし業、跳梁跋扈の9事件」を読んだきっかけは興味本位からだった。ここに載る殺人事件のいくつかは、「wikipedia」で、未成年犯罪に関してはネット黎明期に一部で有名だった「葵龍雄のクソガキども・・・

宮部みゆきの極上ミステリー「火車」

宮部みゆき 火車

宮部みゆきの「火車」はカードローンの多重債務をテーマにした社会派ミステリ。フィクションなのにまるでノンフィクション小説を読んでいるかのようだった。 分厚くてページを開くと字も詰まっていて、軽くミステリを楽しみたいというに・・・

完璧な文章は存在するか? 村上春樹の「風の歌を聴け」

「風の歌を聴け」(村上春樹/著、講談社/刊)

いまさらながら村上春樹の「風の歌を聴け」を読んだ。それもハードカバーで。 本の重み、しっかりとした装丁が小説然としていてすばらしい。中身も、行間が詰まっていないからだろうね、軽快な文体によく合っていた。 ハードカバーって・・・

“好き”の変節と絶望感を味わうライトノベル。「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」

「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」(桜庭一樹/著、角川文庫/刊)

桜庭一樹「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」の読後感が”胸くそ悪い”と聞いたので興味本位で手にとった。なんてことはない。ライトノベルだから軽いに決まってる、と侮っていたら後半にかけて物語が一気にドス黒・・・

ドグラ・マグラの著者、夢野久作による短篇「瓶詰めの地獄」

「瓶詰めの地獄」(夢野久作/著、角川文庫/刊)

「瓶詰めの地獄」(夢野久作/著、角川文庫/刊)はドグラ・マグラの著者、夢野久作による短篇集で「死後の恋」など六編が収録されている。今回はそのなかの表題作「瓶詰めの地獄」について。 「瓶詰めの地獄」は瓶に封入されていた紙片・・・

いかに知らないか、を知る。「世界を変えた100日」は思考のための一冊

Η σφαγή του Μονάχου - 1972

いかに知らないか、を知る。よく思い返してみるとわかるのだけど、人はいきなり考え始めることなんてないんだよね。知らないということに驚き、もっと知りたいと思う。そういう驚きの過程があって、人はようやく考えるようになるんだ。 ・・・

最高の読書 「夜と霧」

「夜と霧 新版」(ヴィクトール・E・フランクル/著、みすず書房/刊)

人生は短い。両手に抱えられる本はそう多くない。悲しいかな、読んでも読んでも、記憶からこぼれ落ちてゆく。それでも、良書と触れている時間だけは、いま、そこにあると実感できる。 美しい言葉、美しい文章、ときに笑い、ときに泣く。・・・

岡田淳といえばこれ!「二分間の冒険」は児童文学だけど、大人も”なりふり構わず”読むべき本

2410146

ラストでヤラれた。心がぎゅっと掴まれる。大人が読んでも、掴まれる。 児童文学作家、岡田淳といえばこれ。 大人も、なりふり構わず読むべし。 読み始めてから、読み終えるまで、ノンストップの読書タイムだった。 あらすじはこうだ・・・

このページの先頭へ