「オールタイムベスト、とっておきの一冊」の記事一覧(2 / 5ページ)

新刊「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015」を読みました。いわゆる新刊レビューを、と思ったのだけど・・・。

「転職の上限は35歳まで」といわれていたのが、20年前の話。 いま、ぼくは「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015-知的人生設計のすすめ」(橘玲/著、幻冬舎/刊)のプロローグを読み返しています。 その当時は、35歳を・・・

人が人を喰うというタブー。共食い(カニバリズム)はヒトの本性か?

飽食の国「ニッポン」である。ここに、この時代にいる限り、さしあたって日々ものを食べるという”当たりまえ”を意識することなんてない。 ここ日本では、道端を歩いている犬や猫を「食べられるか?」という視・・・

なにを書くか。どう、書くか。悩めるあなたに、ブログの”コツ”教えます。

「ブログのちから」はT.Murakamiさんが更新するサイトで、立ち上げから4カ月が経とうとしていますが、ブログの方向性について悩んでいるのだそうです。ツイッターで少し話すこともあったからか、なぜか他人事には感じられなか・・・

蕎麦ありますでしょ?どうやって食べますか?関東のうどんはなぜマズい?あなたの疑問に「男の作法」で答えます。

蕎麦ありますでしょ。どうやって、食べますか? えぇ、そうなんです。なぜか唐突に蕎麦なんですが、ちょっと想像してみてください。こう、箸の先でつまんで、先を”つゆ”にちょんとひたしてかきこむんですよね。一般的な正しいとされる・・・

語り継がれるべき名著。株のスゴい本はこれ!立花義正/著「あなたも株のプロになれる」は最高にワクワクする株本だ。

株の勉強をしようと思ったとき、書店のコーナーに陳列された「儲かる本」はどれもたしかに儲かりそうだ。そして一見有用にみえる。ところが、それらの新しい知識を仕入れて実際にやってみるとうまくいかないのは、相場のある一時期にうま・・・

まだ、家計簿ですか??自動的にお金が貯まる人がやっている「正しい家計管理」の方法が個人的に話題!!

生涯で稼げるお金には限りがある。その総額は自分が想像する以上に少ない。まさかと思うなら、試しに今の自分の手取り収入から生涯賃金を計算してみるといい。思ったより少ないことに、ぼくと同じく愕然とするはずだ。 これは、人生の大・・・

ある女性編集者の手記がスゴい。ノンフィクション「八本脚の蝶」は読み物として、ブックガイドとしても秀逸!

 十六歳の奥歯に会ったとき、ぼくは今とちがう書店に勤めていた。書籍案内カウンターにいたぼくに、彼女は「『論理哲学論考』のPOPを書かれたのはどなたですか?」と尋ねてきたのだった。 「ぼくです」「少しお話してもいいです?」・・・

いまさらだけど、森絵都作品。ベストセラー小説「カラフル」がスゴ本すぎておすすめしたい!

もうおまえなんかいらない 父と母、兄、そして、ぼく。 平凡な家庭に生まれて、これといって取り柄もなかったけど、物心ついたときから絵は好きだったと思う。内気で怖がりな性格はあったけど、心の許せる友達もいた。ぼくは休み時間の・・・

このページの先頭へ