「ブログ飯」(染谷昌利/著)のようなブロガー本はこう使え!

    

006

好きなことを仕事にする。誰もが、あたりまえに望むことだけど、現実ってそう甘くない。

会社勤めをしていると、好きじゃないことだって押し付けられるし、生活のためにやらなきゃいけないことだってある。好きなことが仕事で、さらに十分な収入まで得ることができたらどんなに良いだろう。

スポンサーリンク



ブログ飯

「ブログ飯」って言葉、知ってますか?

ブログで飯を食う、つまりブログで生計を立てることをブログ飯というのだけど、もしかしたら、あなたにだって好きなことを仕事にできるかもしれません。

  • 文章を書くことが好き。
  • 好きなテーマがある。

ぼくはこの2つだけで、ブログを書き続けています。他は何もなくて、あるのは情熱だけ。ブログ飯ができると信じて行動しています。笑われるかもしれないけど、本人はいたって真面目です。

ブロガーの染谷昌利さんの著書「ブログ飯」(染谷昌利/著、インプレスジャパン/刊)はブログで生計を立てたいと願うブロガーにとって読んでおいて損はない良書です。

(中略)「人との違いが価値である」ということを認識する事です。

あなたが、調べ物をする時、本を買ったりする時はどんな時でしょう?それは新しい 知識が 必要になった時だと思います。人は自分の知っている事にはあまり価値を感じません。だからこそ他人と同じ事をしていては価値を生み出せないのです。

ブロガーの記事に求められるのは文法的に正しい文章より、心を揺さぶる文章であり、当たり障りのない記事よりも、血の通った主張のある記事だと思います。たしかに書く技術は最低限必要だけど、絶対条件じゃありません。

はちま起稿の管理人でブロガー清水鉄平氏も同じようなことを言っていました。ブログの個性、つまり「生きている感じ」を出せと。

月間1億2,000万PVのはちま起稿、元管理人が語るブログ運営のノウハウ

曲がりなりにも主張のある記事や熱意・情熱が感じられる文章というのは読んでいて伝わるものだし、応援したくなりません?ぼくはそう思うけどなぁ。

ブログを書くだけなら、会社員でもできますからね。まずはどんなものか、「ブログ飯」を読んで、世界を広げておくのも良いと思います。そして、「あぁ自分には無理」と思わないでやってみることです。ぼくが良い例でしょ?



まとめ

ブロガー本の内容って、テクニックか普遍的なノウハウかのだいたい2通りに分かれています。普遍的なノウハウというのはどれも同じようなことで、良く言えば時代に流されにくいから永く使えるということだろうか。

悪く言えば代わり映えしないってことになるんだけどね・・・。

つまるところ必要なのは個性的な記事でファンを獲得することで、それには自分の好きなテーマでブログを書き続けること以外にないのだけど、それだとブロガー本の存在価値がないと言っているようなものなので、ぼくなりの使い方を紹介。おもにモチベーションアップのために使っています。たとえば更新作業。

始めたばかりのブログの更新作業ってとにかく苦痛なんですよ。やったらわかるけど、毎日の訪問者が一桁なんてあたりまえで、何かを伝えたい、表現したいと思っても相手がいない寂しさといったら・・・。

ブログの月間アクセス状況まとめ

しかも先が見えない。いつまで続くのだろうって思うともうだめ。そういうときに、ブロガー本を見て勇気をもらっているんだけどね。ぼくはそういう使い方をしています。

ブログを始めて最初の1ヶ月は、絶対にアクセス数をチェックしてはいけません。理由は「心が折れる」からです。

想像してみてください。毎日、仕事が終わって疲れた身体でネタを探し、一生懸命考えて、1時間ほどかかって文章を書き上げたら、読み返してチェックして、また書き直してを繰り返してからようやく更新。深夜になっていることはザラです。

よし!これはウケる!!と自信を持って公開した記事なのに、書いても書いても1日5アクセス、10アクセス・・・という数字ばかり。ガッカリしますよね。しかも、この状態が数ヶ月続いたら・・・、心が折れますよ。

染谷さんでこうなのだから、自分だけは・・・なんて思い上がりもいいとこですね。過去にはOZPAさんの本を読んでモチベーションもらったなぁ。

伸びないブログのアクセス数、下がっていくテンション。そんなときに読みたい本

ブロガー本ってぶっちゃけ、極論すると自分が共感できるブロガーの本をひとつ買えばそれで済んでしまいます。あとは、自分で価値をどう見つけるかですよね。読書ってそんなもん。

自分の読書の価値は自分で見つけましょうってことで。


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ