まだ、家計簿ですか??自動的にお金が貯まる人がやっている「正しい家計管理」の方法が個人的に話題!!

    

生涯で稼げるお金には限りがある。その総額は自分が想像する以上に少ない。まさかと思うなら、試しに今の自分の手取り収入から生涯賃金を計算してみるといい。思ったより少ないことに、ぼくと同じく愕然とするはずだ。

これは、人生の大逆転を狙っているような上昇志向の人からすると受け入れがたいことだろうね。だけど、この現実から目を背けてはいけない。

「正しい家計管理」(林總/著、WAVE出版/刊)

いま、会社員(男性)の平均給与が500万円といわれている。40年働くと生涯収入は2億円で、税金や社会保険、その他を差し引くとおよそ1億6,000万円。年収300万世帯なら9,600万円で1億に満たない。

これは20代に就職してから定年まで働くことが前提にあるのだけど、いまのオジサン世代が使えるお金は、さらに少なくなる。なぜなら残りの時間が20代と比べて相対的に少ないからだ。

たとえば30代で手取りが300万ちょっとだと仮定しようか。これまでお金の管理はどんぶり勘定でやってきて、当然のように貯蓄もなく、子育てやマイホームなどのライフイベントが控えているような場合は目も当てられない。

そもそも収入が増えればこんな不安は消えてなくなるのにね。誰もがそう考える。ぼくもそうだった。でも現実は思うように稼げないし、たとえいくら稼いでも不安は消えないという。

スポンサーリンク



理由は簡単で、収入があがれば、ライフスタイルも生活水準も変わるからだ。いままで住めなかった場所にも住むことができるし、余裕ができれば家族だって増えるだろう。安全で美味しいものを食べたいと食材にもこだわるようになる。そうやって、家族が増え、生活水準が上がるのと同時に必要なお金や不安も増えていく。

こうした家計の不安をなくすために、まず必要なことは、正しい家計管理のやり方とお金に対する考え方を身につけることだ。お金を稼いでも、家計が毎月赤字なら、その家庭は早晩に破産する。

家計管理は会社のそれと同じで大事なことは、「収支を黒字化して毎月1円でも純資産を積み上げていくこと」だ。

正しい家計管理

自動的にお金が貯まる仕組み

「正しい家計管理」(林總/著、WAVE出版/刊)

「正しい家計管理」(林總/著、WAVE出版/刊)という本がある。

2014年の3月に出版された本で、ベストセラー「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」で有名な林總(あつむ)氏の著書で、気になって手に取ってみたのだけどこれが良かった。

その内容は巷(ちまた)に溢れる家計管理の本とは一線を画しているという印象で、ぼくにとって新しい視点をもたらしてくれる良書だった。

ぼくが本書に書かれている家計管理方法を採用してから半年が経とうとしている。効果は抜群で、お金が自然と貯まっていく。あなたもぜひ!!

さて、最初にやることは単純だ。

・2冊のノート(財産目録用/予算・収支記入用)を用意する。
・財産目録を作る。

以上の2点。

「正しい家計管理」(林總/著、WAVE出版/刊)

財産目録はあなたのプラスの資産とマイナスの資産(たとえばローン返済期間の残っている不動産)を差し引きして、資産がいくらあるかを教えてくれる。

この目録を作る目的は、純資産の増減を把握することだ。ここが赤字にならないように、赤字を減らしていけるように生活を組み立てていかないといけない。大事なのは「毎月1円でもいいから純資産が増えていくこと(赤字が減ってプラスに変わっていくこと)」で、それが一目でわかる財産目録ノートは、家計管理をするうえで、心強い味方になる。

「正しい家計管理」(林總/著、WAVE出版/刊)

ちなみにこのノートは毎月見直す。なぜなら、この2冊のノートを付ける意義は「記録」することではなく、「見直す」ことで行動が変わることにあるからだ。

純資産が増えているのならそれでいい。停滞していたり、赤字であるなら対処が必要になる。そのためにも、まずは現状を把握しないと、何事も始まらない。

次にやることも見た目の印象ほど難しくない。

・昨年1年間の収支実績表を作る。
・1年間の特別支出予測表を作る。

昨年の1年間の収支実績がわからなければ、とりあえずの便利な算出方法がある。

直近1ヶ月の収支を記録した結果×12ヶ月

なんのことはない。見たとおりで、あくまで予測だからこれくらいアバウトでいい。続けていくうちに自然と修正されていく。まずはやることが大事だ。不安を消したいのなら行動しなくてはいけない。

「正しい家計管理」(林總/著、WAVE出版/刊)

特別支出というのは旅行費用や自動車保険などのことで、生活には直結しないけど、いずれ掛かる費用のことだ。何を特別とするかは家庭ごとに自由でいい。ぼくの場合は生活にかかる費用(衣食住)以外とした。この予測も正確でなくてもいい。最初からきっちりやろうとすると続かないし、筆者もそれでいいと言っている。

予算・収支記入用のノートにこれらの1年間の現金収支実績や予算の計画を記録していく。ここまできたのなら、残りの作業もやれる。あともう少しだ。参考のために後半やることをリストとして載せてみる。いま、なんのことかわからなくても、本書を読めばなるほどと納得がいくはずだ。

・年間の収入予算を立て、強制預金額を決める。
・ボーナスの予算を立てる。
・管理不能な支出の予算を立てる。
・管理可能な支出の費目を決め、予算を立てる。
・試しに予算を組んでみる。

強制預金額はいくらでも構わない。長続きする金額で始めよう。目指すのは「預金の習慣化」と「純資産を1円でも増やすこと」だ。

参考までに、ぼくは収入の10%を目安にしている。これは、以前に読んだリチャード・コッチ著作の「新装版 楽して幸福を手に入れる80対20の法則 生活実践編」から学んだものだ。

「必要な資金を貯めるための基本的な80対20の経路」

収入の10%を自動的に貯蓄口座に移すようにし、手元にはおかない。実行は早ければ早いほどいい。つまり、今すぐ実行しよう。
率直に言って、普通の人に必要なアドバイスの95%は、これで終わりだ。
お金の心配をするのをやめられる。これほど強力な方法はない。

楽して幸福を手に入れる 80対20の法則 生活実践編-Amazonリンク

管理の手順

ここまでできたらあとは仕組みを作って維持するだけだ。

「月初めにやること」
・1ヶ月の予算と収支表を作成し、予算を書き入れる
・給与の一定額を預金口座へ移す、支払い専用口座に移すといったお金の振り分けを行う。

「締め日にやること」
・現金の残額を確認して支出の実績をノートに記入する。
・財産目録を作る。
・振り返りを行う。

ここでのルールはぼくなりのもので、すこし簡略化されているから、詳しく知りたい人は本書の第5章を参考にしてほしい。



正しい家計管理の効果

家計管理ノート

「予測して→予算を立てる→その範囲内で支出する」ということが、冒頭で言ったように、ぼくにとっての新しい視点だった。2冊のノートがこれほどまでに自分の家計を”見える化”してくれるとは思わなかったし、自分の決めた予算の範囲内で生活するということができるようになったのは大きい。

なにより、毎月の預金がいままで以上に増えていくというのは精神衛生上良いものだ。これまでも預金はしていなかったわけではなくて、これまでもやってきたのだけど預金はなぜするものか?というのはいままで、あまり深く考えたこともなかった。

預金は言ってみれば「義務」で、家賃のような固定支出として考えなければいけない。これについては、わかっているようでわかっていない、わかっていてもできていない人は多い。

なぜ預金は義務なのか。著者の言葉を引用したいと思う。

ひとつは、将来のリスクへの備えです。将来は誰にも予測できませんし、かなりの確率でリスクに遭遇します。そのとき、親や友人にお金を無心するのは無責任です。借金をすれば、さらに苦しくなります。自らの責任で危機を乗り越えるためにも、預金は義務なのです。

もうひとつは、人生の転換期への備えです。子供の進学、親との別れ、働き手の定年。こうした人生の節目には、必ず多くのお金が必要になります。

「正しい家計管理」(林總/著、WAVE出版/刊)

家計に不安を感じると誰もがつい、家計簿をつけて節約しようと考える。その姿勢はあながち間違いとも言えないのだけど、その前に家計を管理するのは何のためだろうか、ということを、まずはよく考えてみよう。

この本のなかで家計を管理する目的とは「自分と家族が現在も未来も幸せに暮らすこと」だと書かれている。

「正しい家計管理」(林總/著、WAVE出版/刊)

幸せの定義は人それぞれで、それをいま、すぐに決めるのは難しいのだけど、自分と家族が何を大事にして、どのようなことに価値を感じ、満足感を得ることができるのか?ということはこれからも常に考えるべきだ。

そういった”考える習慣”が身についていると、自然と価値があるものと無駄なものの取捨選択がもっともっとうまくできるようになる。

まとめ

これまで、家計簿などで支出を細かく分析したってほとんどの場合、何も変わらなかった。後に残るのは後悔だけで、時間が経つとまた同じことの繰り返し。
だから、まずは正しい(効果のある)家計管理の方法を知ろうと思ったのだ。

ここでいう、正しい家計管理とは価値観に基づいた行動計画ありきで管理するということで、そのために、本当にやりたいことを明確化して優先順位を付けていかなくてはいけない。また、現実にお金は有限だから、決めた予算額以上に使えない仕組みを作ることも大事である。

ここまでできれば、お金の不安は消えているだろうし、本当に価値があるものにだけ有限で貴重なお金をつかうことができているだろう。

「正しい家計管理」(林總/著、WAVE出版/刊)

”正しい家計管理”をやってみるとわかるのだけど、世の中に溢れているモノ・サービスで本当に自分が満足を得られるものなんて、実はそんなに多くないのかもしれないね。

-関連リンク-

なぜか誰も教えてくれない「自分のお金」のことがわかる本


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ