500エラー!W3 Total CacheっていうWordPressプラグインを入れたら500 – Internal Server Errorになってしまったときの解決方法

    

3633

いやぁ、もう・・精神的に疲れました。

タイトル通りです。「W3 Total Cache」っていうWordPressプラグインを入れたら”500 – Internal Server Error”になってしまったのです。

いろいろなところで、推奨されているものだから気軽に入れてみたんですよ。そうしたらなんと・・・有効化した瞬間からウェプページは表示されないし、管理画面にも入れない。一瞬頭が真っ白になってしまいました。

その解決までの道のりです。ついでながら申しますと、ここはwpXレンタルサーバーを使っています。

結論からいうと、wpXレンタルサーバーと、”W3 Total Cache”はとっても相性が悪いようです。

スポンサーリンク



wpXレンタルサーバーの場合の復旧手順

管理画面は開けないのでプラグインの停止も削除もできません。

まずはレンタルサーバーの管理パネルに行きましょう。

1,FTPアカウントを設定する。

FTPアカウント設定

2,FTPソフトをPCにインストール&設定。ぼくはFFFTPを使用しました。

FFFTPの設定

3,.htaccess(ドットエイチティーアクセス)のパーミッションを”444”に変更。

2323

該当ファイルを右クリックで開いてください。.htaccess(ドットエイチティーアクセス)のパーミッションの数値を644から444へ変更へ変更して一時的に上書きされないようにしましょう。

4,管理パネルのメニューから「.htaccessの編集」を選んで問題のコードを削除。

このコードを慎重に削除しましょう。


 

# BEGIN W3TC Browser Cache
<IfModule mod_deflate.c>
<IfModule mod_headers.c>
Header append Vary User-Agent env=!dont-vary
</IfModule>
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css text/x-component application/x-javascript application/javascript text/javascript text/x-js text/html text/richtext image/svg+xml text/plain text/xsd text/xsl text/xml image/x-icon application/json
<IfModule mod_mime.c>
# DEFLATE by extension
AddOutputFilter DEFLATE js css htm html xml
</IfModule>
</IfModule>
# END W3TC Browser Cache

 


 

これでブログの管理画面に入ることができるようになりました。

残りあと少しです。

5,プラグインの管理画面から「W3 total chach」→「Browser Cache」と進んで、チェックを全て外し、設定保存。

6,手順3の.htaccess(ドットエイチティーアクセス)のパーミッションを”644”に戻しておく。

これで、問題は解決しているはずです。あとはプラグインを削除するだけなのですが、問題も多いようです。



「W3 total chach」をアンインストールする

このプラグインって、ただアンインストールするのにも、結構エラーがでているようで一筋縄ではいかない。正しいアンインストールの手順を学びましょう。正しいアンインストールの方法は、「影武者ビジネスブログ」さんの記事を参考にしました。

STEP1:W3 Total Cache プラグインを有効化する。※ここは飛ばす。

STEP2: 左側メニューにある『Performance』から『General Settings』をクリックします。

STEP3: General Settings のページにある全ての『Enable』のチェックを外します。(Page Cache, Minify, Database Cache, Object Cache, Browser Cache, CDN, Reverse Proxy, Network Perfomance & Security powerd by CloudFlare, Monitoring)

STEP4: 同じページ上にある『Miscellaneous Settings』にある全てのチェックを外します。そして、『Save all setting』ボタンをクリックして全ての設定を変更します。

STEP5: その上で、プラグイン『W3 Total Cache』を停止して、プラグインを削除します。これでエラー問題は起こらないはずです。。。

W3 Total Cache エラーを避けるアンインストール方法

これで、終わりです。

誰かの役に立てればと思います。プラグインというものを安易に考え過ぎていたというのが、今回の件での反省ですね。


スポンサーリンク



関連記事

このページの先頭へ